宇都宮大学での学びとは?

宇都宮大学は、栃木県の県庁所在地である、北関東最大の都市「宇都宮」にある国立大学です。学生数は学部・大学院あわせて5千人弱で、比較的「コンパクト」な大学ですが、5つの学部「地域デザイン科学部」「国際学部」「教育学部」「工学部」「農学部」があり、幅広い専門分野をカバーしています。

各学部での専門分野の学びもさることながら、全学共通の基盤教育科目、例えば「キャリア教育」「EPUU(全学共通の英語教育プログラム」も充実しています。また各授業科目には「アクティブ・ラーニング」 を大幅に導入しています。

「コンパクト」な大学ならではの、先生との距離の近さや、充実した指導体制も魅力です。宇大生の皆さんも勉強だけでなく、サークルや地域での活動など、多様な場面で生き生きと活躍しています。

このページでは、そんな「宇都宮大学」での学びの一部をご紹介します。

宇都宮大学の教育システム

宇都宮大学での教育は、1、2年次を中心に開講される全学共通科目「基盤教育」と、学部・学科等で実施する「専門教育」
にわかれています。教育目標である「幅広く深い教養と実践的な専門性を身に着け、未来を切り開く人材を養成」するためのカリキュラムを展開しています。

広がる学びの世界

基盤教育

入学生したすべての学生は、1・2年次を中心に基盤教育科目を受講します。基盤教育とは、幅広い教養を身につけて豊かな人間性を育むことを目的とした科目群のことです。近年は、実社会で即戦力となり得る人材の養成が求められています。そこで、宇都宮大学の基盤教育では、アクティブラーニングの推進や自由な学修空間ラーニング・コモンズの開設など、学生の主体的学修を支援する取組を進めています。

人間の基盤を形成する基盤教育科目

大学入学後は、専門教育に加え多くの教養教育を学びます。宇都宮大学では、この教育を「基盤教育」と呼んでいます。基盤教育は、4年間の学びの根や幹となり、大きな花を咲かせる上で欠かすことができない大切な学修です。宇都宮大学では基教育での学修をしっかりと支援しています。

主体的な学修アクティブラーニング

アクティブラーニングとは、一方的に授業を聴くだけではなく、学生自身が課題を意識し、主体的に「学ぶ」学修スタイルを指します。
グループワークやフィールドワーク、レポートなどのフィードバックやe-ラーニング活用の推進を通じて、学生とのコミュニケーションを重視する双方向型の授業づくりを進めています。

豊かな人間性を培うテーマ別教養科目

単位数の多い教養科目の履修では、学生の皆さんの学びの特性を活かした多彩なテーマごとに履修ガイドが示されています。ガイドに沿って履修すれば、専門とは異なる学問分野について系統立てて学ぶことができます。

自由な学びの空間ラーニング・コモンズ

ラーニング・コモンズは、自主的な学修のために24時間いつでも自由に利用できる学びの空間です。 グループワークに適した机・椅子やホワイトボードなど学生同士の学びを促進するための設備があり、様々な学びの技法について知識と経験のある専門スタッフが授業時間外の学生の学びをサポートします。

アクティブラーニングが取り入れられている授業と、ラーニング・コモンズなどでの授業外学修とを合わせることで、自ら課題を見つけ、考え抜き、一歩前に踏み出す力などの行動的知性の獲得へ向けた能動的な学修が可能となります。

基盤教育英語プログラムEPUU

EPUUの特徴1テーマは「浴びる英語」

「浴びる」ための施設「EPUU Stations」は6種類8教室!

  • CALL ラボ

    コンピューターがあなたの発音を直します
  • クリニック

    ネイティブ講師常勤の会話指導室です
  • DVD ラボ

    最新DVDが1,300枚、観たい映画はここにある
  • シアター

    シアターの椅子は映画館より「本物」みたい
  • READING ラボ

    絵本から専門書までとにかく英語で読みましょう
  • EXPO

    EPUUの授業を覗いてみよう
EPUUの特徴2TESOL教員団

英語ネイティブ教員と英語圏の大学院でTESOL(英語を母語としない人への英語教授法)を修了した日本人教員による集団運営のプログラム

全1年生約1,000名の
学生評価は現在
4.75 (5点満点)
EPUUの特徴3習熟度別授業 -充実したHonors Program-

入学時のTOEICにより1年次生は4〜5レベル、1年修了時のTOEICにより2年次生は2レベルの、習熟度別クラス

EPUUの特徴4教材は本物の映画!
ナマの映画を教材として活用!
  • 1年生は全員、週1回、CALLラボを使用した映画英語教材による授業
  • 2年生には選択必修の「Advanced English I(Cinema English)

2018年度使用映画

必修科目

Integrated English A
  • School of Rock
    ( Lower Level )
  • Mrs.Doubtfire
    ( Middle Level )
  • I am Sam
    ( Upper Level )

必修科目

Advanced English I ( Cinema Engish )
  • Back to the Future
    ( Lower Level )
  • Hugo
    ( Upper Level )
EPUUの特徴5「学生目線」の英語教育

教授法・教材開発、発酵物、イベントなど、プログラム運営は常に「学生目線」で、学生が望むものを!

EPUU
オリジナル教科書

EPUU生だけのために、EPUU
教員団が自ら作成!

年2回発行の
プログラム機関紙
EPUU TIMES

身近なEPUUの話題について
英語で読みます!

専門教育(学部・大学院)

宇都宮大学に文系・理系の幅広い分野が学べる5つの学部「地域デザイン科学部」「国際学部」「教育学部」「工学部」「農学部」があります。
それぞれの分野での「実践的な専門性」と「課題解決能力」を身に着けるため、多様かつ魅力的なカリキュラムになっています。詳しくは各学部のページをご覧ください。

地域デザイン科学部

"まちづくり"を支える専門職へ向けて、コミュニティ形成、建築設計、居住環境、都市計画、防災といった、分野横断の”まちづくり”に関わる幅広い知識と専門技術を、文系理系の枠にとらわれず総合的に学びます。

  • コミュニティデザイン学科
  • 建築都市デザイン学科
  • 社会基盤デザイン学科

国際学部

グローバル専門科目には7つの科目群があり、アジア太平洋文化社会、欧米文化社会、日本文化社会、比較文化社会、言語・コミュニケーション、国際協力、国際共生に関する研究を扱います。

  • 国際学科

教育学部

理論的な学習とそれらを実践的に学ぶ教育実績科目を通して、確かな授業力と協働力・人間力のある意欲の高い教員、子どもたちに寄り添いながら次の時代を切り拓く子どもの育成にあたることができる教員の養成を目指しています。

  • 学校教育教員育成課程
  • 学校教育・特別支援教育系(学校教育分野、特別支援教育分野)
  • 教科文系(国語分野、社会分野、英語分野)
  • 教科理系(数学分野、理科分野、技術分野)
  • 教科実技系(音楽分野、美術分野、保健体育分野、家庭分野)

工学部

機械、電気といった基幹工学だけでなく、超微細加工・超高速通信を支える先端光工学、感性情報工学、そして環境科学や生命科学での農工連携を特色としています。

  • 基盤工学科

農学部

食料、生物資源、環境保全、農林業に関する基礎から応用までを学ぶとともに、附属施設や学外フィールドで実学を学修した人材を輩出することを目標としています。

  • 生物資源科学科
  • 応用生命化学科
  • 農業環境工学科
  • 水土環境工学コース
  • 食料生産システム工学コース
  • 農業経済学科
  • 森林科学科

授業(シラバス)について

授業科目の目標と内容が、どのような計画で行われるかをあらかじめお知らせいたします。

在学中に取得できる資格

分野ごとの教員免許の他、各分野で活躍できるための資格が取得することが可能です。

進路・就職状況

宇都宮大学は学生の教育と就職活動を支援し、「進路・就職」といった観点からサポートします。